聖書とキルト

聖書を読んだことがありますか?
聖書は、とてもシンプルです。
聖書は、無機的です。
しかし、目をこらすと、その向こうに大きな世界が広がってゆきます。

ある日の礼拝中に
突然の召命!
聖書の言葉から、キルトの世界を広げていこう
うん、単なるひらめき、思いつきかもしれないけど。
でももう15年も前のことです。

<流木の十字架>

a0279820_1140119.jpg100cx80c
2012年作
大水もその愛を消すことができません。
洪水も押し流すことができません。雅歌8:7


東日本大震災の津波で流された教会の礼拝堂跡に
立てられた流木の十字架。
その写真が朝日新聞に掲載されました。
その十字架に力を感じ、
その十字架をモチーフに制作。







<野の草の栄光>

a0279820_11463181.jpg100cx80c
2011年作
きょうあっても、あすは炉に投げ込まれる
野の草さえ、
神はこれほどに装ってくださるのだから、
ましてあなたがたに、
よくしてくださらないわけがありましょうか。
マタイ6:30


か弱き 野の草の栄光を
アップリケキルトにて表現しました。








<十字架のほかに誇ることあらざれ>


a0279820_11525499.jpg
100cx80c
2010年作

主イエス・キリストの十字架以外に
誇りとするものが決してあってはなりません
ガラテヤ6:14


信仰を持ちながらも
雑念ばかりの自分への戒めをこめて
この聖書の言葉を選びました。





<大浦天主堂>
a0279820_1294441.jpg190x130
2008年作
「我らの胸、あなたと同じ」
明治に入ってキリスト教の禁が解けた時
400年間密かに信仰を守り続けた信徒の1人が
大浦天主堂ができた時に
神父に告白をしたという
長崎のキリシタンの存在を知りました。
その感動をここに込めました。









<受胎告知>a0279820_1852896.jpg
160c x 140c
2005年作
「ほんとうに私は主のはしためです。
どうぞあなたのお言葉どおりこの身になりますように。」
天使が、マリアに懐妊を告げる有名なシーンです。
絵画には必ず、白百合の花と鳩が描かれています。
このキルトの製作中に、娘の懐妊を知った、
という不思議を体験しました。
2006年AQS(American Qiter’s Society)に入賞





<鷲の翼> a0279820_1814017.jpg170cx150c
2003年作

主を待ち望む者は新しく力を得
鷲のように翼をかって上ることができる。
走ってもたゆまず、歩いても疲れない
イザヤ書40章31章


この御言葉は、クリスチャンのとって、
なんと力強い励ましの言葉でしょう。
空を飛ぶ鷲の姿に、思いを馳せて、
ステンドグラス風に仕立てた私なりの
渾身の一作です。







「ぶどうの木」 ヨハネ15章5節a0279820_17461021.jpg180cx180c
1999年作
「わたしはぶどうの木で、あなたがたは枝です。
人が私にとどまり、わたしもその人の中に
とどまっているなら、そういう人は多くの実を結びます。
わたしを離れては、あなたがたは何もすることができない
からです。」
中央にこの言葉が英語でミシン刺繍されています。
アップリケもすべてミシンで縫いつけました。
周囲のキルトが彫刻のようにできたのが自慢の作品です。




「白百合と聖書物語」

a0279820_17351969.jpg160cx180c
1997年作
リッカーミシンキルトコンテスト特別審査員賞
これは、アメリカの教会の牧師婦人が考え出したパターンです。
各ピースが聖書に由来しています。
聖書の勉強と縫い物の勉強が同時にできるシステム。
周囲のアップリケはバイヤスアップリケという手法。
母校の白百合と校章をいれて懐かしみました。
このパターンが2003年~いのちのことば社「100万人の福音」で
連載されました。


                          トップへ戻る
[PR]
by 2kusanohana | 2012-12-03 21:08 | 聖書とキルト