ご挨拶

母ゆずりで、幼い時から手仕事が大好きでした。

結婚して、双子(男の子&女の子)を授かりました。
悪戦苦闘の続いた子育てが一段落したその日
それは幼稚園の入園式。
入園式のその日がミシンキルトの出会いの日
となったのです。

息子の同級生のママである
アメリカからお嫁に来ていたその友と出会ったのです。
パッチワークキルトが大好きな彼女とは
その日から意気投合!!

彼女は私に1冊の洋書を見せてくれました
エレン.ホプキンの
「The It's Okay If You Sit On My Quilt Book」
(私のキルトに座ったってOKよの本)
ミシンキルトを紹介した本でした。

幼い時から母のミシンを縫うその姿に
あこがれていた私は
その日から、ミシンにこだわって
キルトを作っています。
もう24年前のことになります。
1冊の本の出会いと、試行錯誤の繰り返し。
それが私のキルト製作の歴史です。

その後、転勤にて愛媛県松山市へ。
ミシン屋さんの紹介で、ミシンキルト教室を始め、
そこで13年間かかってキルトの輪を広げてきました。
また、愛媛キルトクラブという
愛媛のキルターの横のつながりを目的としたグループに所属。

しかし転勤によって
2005年その仲間との別れが訪れました。
現在は千葉の我孫子市在住。

ミシンキルトと出会った24年前、
キリスト教とも出会いました。
キルトを通して、聖書のメッセージを伝えたい。
ライフワークとしての製作を続けています。

現在は
Bible & Art Ministries(伝道)という美術伝道のグループに所属。
年に1度の展示会に出品しています。

聖書をモチーフにした作品の他
風景・建物などを題材にした
ステンドグラスキルトにこだわって
製作中。

キルトのオーダーにも、応じています。

トップへ戻る
[PR]
by 2kusanohana | 2015-01-11 00:51 | ご挨拶